目の疲れにブルーベリーサプリメント

最近疲れ目やかすみ目が気になる、パソコンや携帯メールをよく使う、TVゲームをよくするなど目を酷使することが多い、ドライアイになりやすい、加齢による目のトラブル、長時間車の運転をする、などで思い当たる人はVDT症候群になりやすいといわれています。

VDTとはVisual Display Terminalの短縮形で、表示画面を持った情報端末のことをいいますが、特にパソコン、携帯電話、ゲーム機、電子辞書などVDTを使う作業が原因で「肩のこり」「腰の痛み」「頭痛」「目の疲れ・痛み」などのVDT症候群が起こりやすいといわれています。

また仕事などでパソコンをよく使う人の場合は、長時間パソコンを使うことが多く、仕事中に休憩ができない、イスや机の高さが体に合っていない、オフィスの照明の明るさが適切でない、外の景色が見えない部屋などで一日中働いている、仕事でイライラすることが多いなどという環境でいることが多く、さらにVDT作業でずっと同じ姿勢が続くために首、肩、腕、手などの筋肉が緊張している上に、視線がディスプレイやキーボードと書類などの短い距離をひんぱんに行き来し続けているためいっそう疲れやすいのです。

VDT作業で疲れた場合には「意識して正しい姿勢をとる」「1時間作業をしたら10〜15分ほどの休憩をとる」「帰宅したらゆったりマッサージをする」などケアすることが大切です。

VDT作業での疲れに役立つのが最近話題のブルーベリーです。特にブルーベリーサプリメントならブルーベリー果実の栄養をたった1粒で、仕事の合間などにいつでも気軽に補給することができます。

ヤフオク ブルーベリー

ブルーベリー豆知識カテゴリー



スポンサードリンク