ブルーベリーとは

ブルーベリーは、ツツジ科スノキ属の多年性植物で北米からカナダにかけての一帯が主な原産地域ですが、土壌の条件さえ合えばある程度栽培できるようで鳥取県の大山でもブルーベリーが育つようです。

酸性を好むブルーベリーは火山灰などがたい積した大山周辺の土壌が栽培に適しているといわれています。今日ではブルーベリーは世界の温帯圏で広く栽培される果樹になっています。

ブルーベリーの大きな特徴としては果実が成熟するとアントシアニンと呼ばれる栄養素の影響で濃い青紫色になることです。

ブルーベリーにはさまざまな種類がありますが、「ビルベリー」という品種が目に最も効果があるといわれています。ヨーロッパに多く自生している野生種であるビルベリーはブルーベリーと同様にツツジ科の植物でブルーベリーの仲間でブルーベリーの特定野生品種になります。

ブルーベリーはヨーロッパでは果実を生で食べたり、ジャムやゼリーに用いられます。また1976年イタリアで初めて医薬品として製造が承認され、ヨーロッパ、ニュージーランド、韓国など、多くの国で医薬品としても利用されています。
ブルーベリーは基本的に無農薬栽培ですので、木になっているブルーベリーをそのまま食べることができるのも大きな特徴です。

ヤフオク ブルーベリー

ブルーベリー豆知識カテゴリー



スポンサードリンク